公認会計士の活動フィールド3選
こんにちは。公認会計士の小林祐士です。
本日は、公認会計士の活動分野について解説したいと思います。

公認会計士の活躍するフィールドとは?

公認会計士というと「監査法人」に勤務するというイメージを多くの方が持つと思います。監査法人は、公認会計士が集まって組織され、主に会計士の独占業務である「監査証明業務」を行います。
この監査証明業務以外にも公認会計士として様々な分野で活躍することが可能です。
もちろん、ここで紹介することが全てではありませんし、自分自身で知識のブラッシュアップをしていかないと活躍の分野も広がっていきません。また、公認会計士の資格がないとできないものだけではなく、その知識経験を生かせる分野も数多くあります。

①税務業務

1つめは、私のまわりで多いのは、私も含めてですが「税理士」登録をして税務業務を行うパターンです。公認会計士は、税理士法上、試験を受験することなく税理士登録をすることで「税理士」の名前で税務業務を行うことができます。この点については、また別の動画で解説しますが、税理士として活躍するパターンが多いと思います。
税理士の業務は決して易しいものではありません。会計士合格後も税法についてしっかりと勉強をすることが必要です。会計士試験にも租税法という受験科目がありますが、税理士試験の各税法科目と比較するとどうしても深度という面で浅いです。もちろん、税理士の方も受験科目で選択しなかった税法科目については、独学で勉強されていると思います。会計士でも当然に税法の勉強は必要になります。

②企業内会計士

2つめは、一般事業会社などに転職して企業内会計士として活躍するパターンです。配属する先は様々ですが、経理部や財務部、内部統制室など会計士の知識を活かせる分野への転職です。特に1部上場企業の企業では、連結会計を行うことが多いので、連結会計の分野で会計士が活躍することも多くあります。
また、会計士というと決算書のチェックというイメージがありますが、決算書を作成するプロセスなどに関する内部統制のチェックも行うので、その経験を生かして一般事業会社の内部統制室に転職することもあります。

③官公庁

3つめは、官公庁で国や地方公共団体の機関等の会計に関する検査・監査に携わるパターンです。私の経験ですと、ある公益社団法人に対する内閣府の立入検査に関連して、会計基準に詳細には定められていない会計処理に関する質問等についてやりとりをさせていただいた内閣府の担当者が公認会計士の方でした。監査法人では、一般企業だけではなく、学校法人や公益法人、社会福祉法人などの非営利分野の監査にも従事する機会がありますので、そういった所で特殊な会計分野に携わることが可能です。その経験を生かした仕事というものもあります。

まとめ

最後に本日のまとめです。
公認会計士として活躍できるフィールドですが、ここでは紹介しきれませんが、3つあげるとすると、「税務業務」「企業内会計士」「官公庁」での活躍という3つをご紹介させていただきました。
これ以外にも公認会計士として活躍できるフィールドはありますので、「監査法人」という選択肢だけではなく、ぜひ視野を広く持って公認会計士にチャレンジしてみてください。
本日はここまでになります。
最後まで読んでいただき、ありあとうございました。
※YouTubeチャンネルをはじめました。「公認会計士小林祐士」で検索してみてください。コメントをいただけるとチャンネル作成の励みになります!