日経新聞2020年5月2日の記事より

民法の相続法の改正の1つである「配偶者居住権」です。
2020年4月1日以降の相続から適用されるものです。

簡単に述べると、相続は発生した時に住んでいた建物と土地について、相続税法の評価(相続税の計算では遺産の金額を計算します)の際に
それぞれの所有権と配偶者居住権に分けて計算するというものです。

記事によると、立法趣旨とは別に相続税額の対策としても検討が必要ですという内容です。

相続税の計算については、専門的な知識が求められます。
詳しくは税理士にお問い合わせいただくことをお勧めいたします。

 

https://www.nikkei.com/article/DGKKZO58640820Q0A430C2PPE000/